• ファイルメーカーのクラウド化とEC2のメリット

    初心者でも使いやすいファイルメーカーをクラウド化したいという人は多く、ファイルメーカーはバージョン11からiPadやiPhoneでも使えるようになり、ファイルメーカー13だと「FilemakerWebDirect」機能も加わっているのでWEBブラウザ経由のアクセスも便利です。クラウド化することでオフィスや自宅、外出先でもデータベースにアクセスが可能です。

    ファイルメーカーをクラウド化するにはネットワーク環境とセキュリティの両面からクラウド環境の整備が必要です。

    ファイルメーカーEC2の情報が欲しい方必見です。

    ファイルメーカーも使用可能なEC2は、物理サーバーだと通常数日から数週間かかりますがEC2だと数秒で用意が出来ます。



    EC2はAWSが保有している海外のデータセンターにも日本のリージョンと同じように立ち上げることが可能です。
    設定環境やデータをAMIというメディアのような形式も可能で、AMIから新しいEC2も構築できます。

    データセンターの冗長化も大変簡単で、AWSは日本のリージョンで複数のデータセンターを保有していて、データセンターを分けた冗長化が可能です。

    コストも2台構築したときと同じコストで実現できます。スペックが足りないときや台数変更、ディスク容量を追加したいとき物理だとかなり大変ですが、それもスムーズです。スペックの変更は数分で出来ますし台数の増減も自動的に台数変更をするオートスケール機能もあります。



    ディスク容量追加も手軽に行なえます。