中古住宅を購入して貸す不動産投資

TOP > 中古住宅を購入して貸す不動産投資

不動産投資といえば、アパート経営やマンションの区分所有がポピュラーです。

初期費用はかかりますが、新築なら空室のリスクが少ないため、出足は順調に家賃収入が得られます。


減価償却費用として計上できる金額が大きいため、節税効果も絶大です。
しかし、中古物件を購入し、賃貸に出す、という方法を選ぶ人も少なくありません。

中古物件はなんといっても取得費用が少なくて済みますから、初心者には始めやすい方法です。

こだわるなら不動産投資のセミナーの情報サイトが便利です。

例えば中古の一戸建てを購入し、賃貸に出して家賃収入を得る、という方法です。


一戸建てはファミリー層に人気があり、将来は自分で住むことも可能です。

築年数によってはとても手頃な値段で手に入れることができる、というのも魅力的なポイントです。

不動産投資の一環として、競売物件に注目する個人も多くなりました。


誰でも入札に参加できる競売物件は、相場以下で物件を手に入れられる大きなチャンスです。

競売物件特有のリスクもあるものの、そのリスクを差し引いても無視できない存在でしょう。

土地は経年によって価値が下がるものではないため、減価償却はありません。

期待できる東京の不動産投資の有益性の紹介です。

しかし、建物には法律で定められた減価償却期間があり、経費として計上することができます。

木造なら22年、マンションのような鉄筋鉄骨造なら47年です。



中古住宅を不動産投資用に購入する場合、たとえ法律で定められた減価償却期間を過ぎていても、耐用年数の20%の年数、減価償却費として計上することができます。
例えば木造の場合、22年の20%、端数を切り捨てて4年を耐用年数と考えます。